skip to Main Content

薬物毒性検査の新しいパラダイム

製品

NEXELの製品

Cardiosight-S®

人工多能性幹細胞(hPSC)由来心筋細胞による心臓毒性の研究。

心疾患は、毎年1770万件の死亡が推定される世界中で最も一般的な死因です(WHO、2017年)。この病気は、遺伝または生理学的条件、薬物の副作用を含む様々な要因の結果です。実際、心臓毒性は、市場の高度開発新薬の臨床利用中止の多くの原因となっています。

NEXELの新しいhPSC由来心筋細胞の使用は、動物細胞派生模型と比較して、人間の心臓毒性のよりよい予測を行える可能性を持っています。したがって、Cardiosight-S®の使用は高価な動物モデルを弛緩し、医薬品産業でより多くの手頃な方法で心臓毒性をテストすることを可能にします。

Cardiosight-P

NEXELは、心筋細胞への分化可能性を持つ始原細胞タイプとしてHepatosight-Pを提供します。人工多能性幹細胞(hPSC)由来心筋前駆細胞による心臓の研究をお手伝いします。

Cardiosight-S®の用途

Cardiosight S®は、様々な用途に使用することができます:

1. 心臓毒性テスト
2. 創薬
3. 電気生理学による生化学の分析

製品

NEXELは2つの異なるタイプの凍結保存されたCardiosight-S®を提供し、究極的には機能性心筋細胞に分化します。Cardiosight S®は様々なタイプの細胞培養プレートで使用することができます。技術ガイダンスあるいはご質問はお気軽にお問い合わせください。

カタログ番号 C-001
詳細
凍結保存されたCardiosight-S®

キット内容

1. Cardiosight-S® Media (CM-001, 50 ml)
2. Cardioosight-S® Supplement (CS-001, 500 µl)
3. ユーザーガイド

数量 ≥ 2 × 106 生細胞/ガラス瓶
お見積もり依頼
カタログ番号 C-002
詳細
凍結保存されたCardiosight-S®

キット内容

1. Cardiosight-S® Media (CM-002, 100 ml)
2. Cardiosight-S® Supplement (CS-002, 1 ml)
3. ユーザーガイド

数量 ≥ 5 × 106 生細胞/ガラス瓶
お見積もり依頼
Back To Top