skip to Main Content

薬物毒性検査の新しいパラダイム

製品

NEXELの製品

Neurosight-S®

人工多能性幹細胞(hPSC)由来ニューロンによるニューロン毒性の研究。

ニューロンは、用途の広い細胞型で、神経異常をモデル化するニューロン開発メカニズム解明や、神経疾患治療目標発見などさまざまな応用が行われます。しかしながら、ニューロン開発の信頼できる生体外モデルの確立は研究・産業分野でのニーズ増加にもかかわらず制限因子のうちの1つです。

NEXELは、高品質のhPSCs由来の分化ニューロンを提供します。Neurosight S®は、主として脳の中の主な興奮性ニューロンであるグルタミン酸作動性ニューロンからできています。Neurosight S®は、ボツリヌス毒素活動を評価する神経毒性試験および多くの他の応用で使用され、ニューロン開発研究のために設計された新しい製品です。

Neurosight-P

NEXELは、ニューロンへの分化可能性を持つ始原細胞タイプとしてNeurosightPを提供します。人工多能性幹細胞(hPSC)由来ニューロンによるニューロン毒性の研究をお手伝いします。

Neurosight-S®の用途

Neurosight S®は、様々な用途で使用することができます:

1. 神経毒性テスト
2. 創薬
3. ボツリヌス毒素効能テスト
4. 電気生理学による生化学の分析

製品

NEXELは2つの異なるタイプの凍結保存されたNeurosight-S®を提供し、究極的に機能的なグルタミン酸作動性ニューロンに分化します。Neurosight S®は様々なタイプの細胞培養プレートで使用することができます。技術ガイダンスあるいはご質問はお気軽にお問い合わせください。

カタログ番号 N-001
詳細
凍結保存されたNeurosight-S®

キット内容

1. Neurosight-S® Media (NM-001, 50 ml)
2. Neurosight-S® Supplement (NS-001, 500 µl)
3. ユーザーガイド

数量 ≥ 2 × 106 生細胞/ガラス瓶
お見積もり依頼
カタログ番号 N-002
詳細
凍結保存されたNeurosight-S®

キット内容

1. Neurosight-S® Media (NM-002, 100 ml)
2. Neurosight-S® Supplement (NS-002, 1 ml)
3. ユーザーガイド

数量 ≥ 4 × 106生細胞/ガラス瓶
お見積もり依頼
Back To Top